第32回日本骨代謝学会学術集会 in 大阪

7月24日~26日

第32回日本骨代謝学会学術集会が大阪国際会議場にて開催されます。

学会会長は、当科の杉本利嗣教授です。

今回は主幹大学ということで、スタッフとして参加させていただきます。

もちろん、医局員の発表はありますが。

僕は、7月25日金曜日にイブニングセミナーで講演をさせていただきます。

以下、僕が関係・指導した若手先生方の発表です。

①野津雅和

終末糖化産物(AGEs)はTGF-betaを増加させてヒト間葉系幹細胞の石灰化を抑制する。

②田中賢一郎

1) AGE2,3が骨細胞のsclerostin、RANKL発現及びアポトーシスに及ぼす影響

2) AGE2,3及び活性型ビタミンDの筋芽細胞分化及び骨芽細胞分化促進因子Osteoglycin発現に及ぼす影響

本学会は、基礎の先生方が多く在籍しており、非常に学術的な会です。

頑張って勉強して、今後の研究活動につなげたいと思います。


Posting order
金沢一平 糖尿病と骨粗しょう症専門医からの提案