皆さんの大切な健康寿命を延ばすために

2020年4月に開院し、あっという間に1年以上が経過しました。多くの方々に支えられ、当院は順調なスタートを切ることができました。感謝申し上げたいと思います。

ご存じのように、日本人の平均寿命は年々伸びてきています。一方、健康寿命(日常生活を自立して支障なく生活できる期間)は平均寿命に追いつかず、その差は約10年といわれています。以前にPPK(ピン・ピン・コロリ)という言葉がはやりました。誰しも寿命の最後までピンピンして自立していたい、最後はコロリと逝きたい、そう思うはずです。しかし、実際はそうなっていないのが現状です。


当院のゴール:いつまでも活き活きと、笑顔溢れる社会であること

当院のミッション:健康寿命延伸を目指し、元気いっぱいの地域を創ること


私は皆さんの健康寿命を延ばすために、生活習慣の改善と生活習慣病・骨粗しょう症の予防と治療が重要だと考えています。生活習慣の改善といわれると、「我慢しないといけない」という風に考えられる方も多いと思います。糖尿病になると食事を減らさないといけない、お酒は飲んじゃいけない、面倒くさい運動をしないといけない、そんな勘違いをされている方も多いでしょう。かつての医師は自分の生活習慣を棚に上げ、患者さんにできないことを指示し、「どうして私の言うことがきけないのか?」と説教するという間違いを犯してきました。

私は健康であるために、現在の生活の質を上げることが大切だと考えています。我慢をして続かないことをしても結局ストレスが貯まって、“自分はやってもできないし”と諦めてしまい、悪循環に陥るという経験はないですか?

当院では「笑顔、あいさつ、人の話を聞く」を大切にしています。誰しも通院なんてしたくないですよね。私もそうです。でも生活習慣病、骨粗しょう症は将来の大きな病気のもとになるため、元気なうちに予防・治療を始めないといけないのです。私たちは通院患者さんの気持ちが少しでもポジティブになるように、常に笑顔でお迎えし、皆さんの生活の話を拝聴しながら一緒に病気のことを考える、そんな気持ちで診療をしています。

当院のシンボルキャラクターのエール君は、皆さんの健康を応援するカメです。カメは長寿のシンボルであり、縁起物でもあります。カメの動きはゆったりしていますね。生活習慣病の治療には近道やズルい方法はなく、しかし着実に良い方向に向かって歩みを進める必要があります。そんな思いでエール君をスタッフの一員として採用しました。

当院を受診された方にアンケートを実施しています。当院を知ったきっかけは?という問いに、「他院の先生から」が37.4%、「知人や家族から」が13.8%と半数以上が人から聞いたという結果です。他院の先生、患者さんに信頼され、頼っていただいて本当に感謝しています。と同時に、皆さんの期待にきちんとお応えするために一所懸命に頑張りたいと改めて感じています。



さて、当院のゴールは社会を笑顔にすることです。そのためにはクリニックにこられる患者さん、ご家族だけではなく社会にむけた発信が大事だと考えています。皆さんがクリニック来るのを「待つ」だけでは社会を変えることはできません。今年は医師、医療従事者むけの講演を計25回しましたし、テレビ出演も2回しました。

しかし、講演やテレビの影響は一過性のもので、それだけでは社会を変えるには至りません。 来年はもっともっと新しいことに挑戦し、より多くの方々の健康寿命延伸のお役に立てるような企画をしていきたいと考えています。皆様、今後ともどうぞよろしくお願い致します!


Posting order
金沢一平 糖尿病と骨粗しょう症専門医からの提案